new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

<カバーのみ>着せ替えカバー:西島大介『コムニスムス』

500 JPY

Free shipping

About other shipping cost

特装用のカバーのみの販売です。 漫画本体は付属しませんのでご注意ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー マヒトゥ・ザ・ピーポーさん(GEZAN)推薦! 居合わせる才能というものがあるとしたら、この世界において今、何を指すのだろうか? 少なくとも、あなたはこの本の前に立ち、二つの黒い目はこの文字の配列をなぞる。 今あなたは未開の現実に居合わせている。 1975年、カンボジア。 共産主義(ルビ:コムニスムス)と資本主義(ルビ:カピタリスムス)。 二人はまだお互いを知らない。 1975年3月ーー。14歳で単身インドシナに飛んだ自称・戦場カメラマン「ヒカル」は、共産主義革命勢力「クメール・ルージュ」が蠢くカンボジアで、最強の二歳児「プティ」の父親(ちゃん)になった。ベトナム戦争終結後のカンボジア、ポル・ポト政権時代を背景に描く新たなる大長編。共産主義(ルビ:コムニスムス)は、所有を解体する滅びの思想か? 自由と革命の哲学か?

Sale Items